マネ、ヴェルナー、キミッヒ…… レッドブルに見出された“9つ”の才能

2012年から2014年までザルツブルクに在籍したマネ photo/Getty Images

英メディアが紹介

ここ10年、欧州で最も力をつけたクラブはどこか。おそらくドイツのRBライプツィヒはそのひとつとして間違いなく候補に入ってくるだろう。2009年に創設されたばかりの新興勢力は24歳以下の才能豊かな若手に絞った選手補強など、他とは一線を画す方策を次々と打ち出し、瞬く間にブンデスリーガ上位の常連となった。

そんなザルツブルクの躍進を支えているのが出資するレッドブル・グループだ。彼らは豊富な資金力で次々と若き才能を確保し、欧州屈指のタレントに育て上げるクラブのスタイルを支えている。そして、レッドブル・グループの傘下に入るもう一つの躍進クラブとしては、日本代表FW南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルクも挙げられるだろう。彼らは前身のSVアウストリア・ザルツブルク時代からオーストリア国内で強豪の一角に数えられていたクラブだが、2005年に同グループが出資を開始して以降は欧州の舞台でも着々と結果を残し始めている。

そんな2クラブ出身の選手に英『90MiN』は焦点を当て、「レッドブル・グループによって見出された選手」と題した特集を組んでいる。その中ではライプツィヒとザルツブルクでプレイ経験のある現代の有能選手が合計9名紹介されている。

その中でもこれから欧州の地で名を揚げんとブレイクを目論む選手に分類されるのは、インテルのMFヴァレンティーノ・ラザロ、ブライトンのMFベルナルド、ライプツィヒのDFルーカス・クロスターマンとDFダヨ・ウパメカノ、ザルツブルクのFWアーリング・ブラウト・ハーランドの5名か。特にハーランドは期待の逸材。データサイト『Opta』によると、この19歳は現地時間27日に行われたチャンピオンズリーグのヘンク戦で得点を記録したことにより、CLデビュー戦から5試合連続でゴールを決めた初の10代選手となったという。今ではマンチェスター・ユナイテッドをはじめとした欧州複数ビッグクラブが注目する選手だ。

今季CLで大爆発しているハーランド photo/Getty Images

残りの4名はすでに欧州で名手としての地位を確立した選手と言っていいだろう。リヴァプールのMFナビ・ケイタにFWサディオ・マネ、バイエルン・ミュンヘンのDFジョシュア・キミッヒ、そしてライプツィヒのFWティモ・ヴェルナーだ。リヴァプールの2人は昨季CL制覇に貢献したチームに欠かせない戦力として知られた存在。キミッヒもドイツで圧倒的な影響力を誇るバイエルンでレギュラーの地位を確立している。最後のヴェルナーも現在ブンデス得点ランキングで2位につけており、世界屈指のストライカーと呼ばれるまでに成長した。

こうして見てみると、10年ほどでここまでの有能選手を輩出するとは素直に驚きだ。今回は同メディアに選出されなかったが、南野をはじめとした現所属の選手にもキラリと光るものを持った逸材が揃っている。はたして、これからもこの2クラブからは有能選手が次々と輩出されていくのだろうか。レッドブル派閥からサッカー界には新たな才能が次々と出現している。

『90MiN』が選出した9名は以下の通り

・ヴァレンティーノ・ラザロ(MF/インテル/23歳)

・ベルナルド(MF/ブライトン/24歳)

・ルーカス・クロスターマン(DF/ライプツィヒ/23歳)

・ダヨ・ウパメカノ(DF/ライプツィヒ/21歳)

・アーリング・ブラウト・ハーランド(FW/ザルツブルク/19歳)

・ナビ・ケイタ(MF/リヴァプール/24歳)

・ジョシュア・キミッヒ(DF/バイエルン・ミュンヘン/24歳)

・ティモ・ヴェルナー(FW/ライプツィヒ/23歳)

・サディオ・マネ(FW/リヴァプール/27歳)

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ