マンUは後悔しているか レンタル放出した男が“100億円超DF”を上回る活躍

ローマ移籍以降、出色のパフォーマンスを披露しているスモーリング photo/Getty Images

マグワイアも悪くはないが

マンチェスター・ユナイテッドの移籍市場における動きは、今のところ裏目に出てしまっているか。今夏、同クラブはレスター・シティからイングランド代表DFハリー・マグワイアを獲得した。移籍金はDF史上最高額となる8000万ポンド(約104億円)と言われており、その金額からも同選手に対するクラブの期待感がうかがえる。ファンもこの大物DF獲得には当時さぞ興奮したことだろう。しかし、今季のマグワイアはその移籍金に見合ったパフォーマンスを披露できているだろうか。そう問われれば自信を持って頷ける人は少ないかもしれない。

パフォーマンス自体は決して悪くないのだが、DF史上最高額の移籍金で獲得した選手としては少し物足りない印象だ。今季ここまでのリーグ戦で彼がチームにもたらしたクリーンシートはわずか2回。チーム全体の守備に関する問題やフル稼働での疲れも考慮すべきだが、彼が加わったことによりマンUの守備が劇的に改善されたかと言われればそうではない。

そんな中、英『Daily Mail』は「マンUは夏の移籍市場で間違いを犯した」と主張する。その理由は高額なマグワイアの獲得だけでない。ローマにたった250万ポンド(約3億5000万ポンド)の金額でレンタル移籍したクリス・スモーリングの放出も痛かったと訴えているのだ。同メディアはマグワイアとスモーリングの今季スタッツを比較し、主張の根拠を示している。まず同メディアが比較したのはリーグ戦でのクリーンシート数。今季マグワイアが記録している「2」に対して、スモーリングは「4」。移籍の関係もあってまだ9試合にしか出場していないスモーリングだが、13試合に出場しているマグワイアの倍の数字を記録しているのだ。

今季マンUにDF史上最高額となる移籍金で加入したマグワイア photo/Getty Images

他にも1試合あたりのヘディングによるクリア数(スモーリング:3.00回、マグワイア:2.69回)、タックル成功数(スモーリング:0.67回、マグワイア:0.38回)、空中戦勝率(スモーリング:4.56回、マグワイア:4.08回)、インターセプト数(スモーリング:1.89回、マグワイア:1.54回)でスモーリングはマグワイアの数字を上回っている。マグワイアが圧倒的な強さを誇る空中戦でも、スモーリングに軍配が上がる結果となっているのは少々驚きだ。同メディアが紹介したスタッツの中でマグワイアがスモーリングを凌駕したのは、チャンス創出数(スモーリング:0.33回、マグワイア:0.85回)のみとなっている。

もちろんリーグに違いはある。加えて昨季までのスモーリングを見て、ここまでのスタッツを残す選手になると予想できた人は少ないだろう。しかし、勝負の世界は結果が全て。悔しいところだが、『Daily Mail』の主張は受け止めるしかない。

はたして、今後マンUの最終ラインはどのように再建されていくのだろうか。最短でかつての競争力を取り戻すため、今後の移籍市場ではうまく立ち回りたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ