クライシスに興味なし 名将アッレグリがトッテナムの仕事を選ばない理由

ユヴェントスを指揮していたアッレグリ photo/Getty Images

モウリーニョとは違う道を行く

トッテナムは19日に指揮官マウリシオ・ポチェッティーノを解任し、その後任にジョゼ・モウリーニョが就くことを発表した。

マンチェスター・ユナイテッドを去って以降、モウリーニョが待ち望んでいた現場での仕事がついに実現したのだ。トッテナムは現在リーグ戦で14位に沈んでおり、モウリーニョは混乱するチームを立て直す作業に挑むことになる。

トッテナムの決断は素早かったが、モウリーニョ以外にもう1人興味深い候補者がいたはずだ。ユヴェントスを去ってからフリーの状態が続くマッシミリアーノ・アッレグリだ。

アッレグリはプレミアリーグ挑戦へ向けて英語を勉強しているとも言われており、ポチェッティーノ解任は1つのチャンスだったはず。しかし伊『Calciomercato』によると、アッレグリのビジョンに今のトッテナムは入っていなかったようだ。

というのも、アッレグリは危機的状況にあるクラブを指揮することを嫌がっているという。来夏にどこかのクラブの指揮官になることを目指しているようだが、現在のトッテナムのように混乱状態にあるチームを指揮するつもりはないのだろう。ある程度完成されたチームでの仕事を望んでいるというわけだ。

同メディアはそれがアッレグリが「待ちの状態」にある理由だと伝えているが、その条件通りならばマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルも候補からは外れるということだろうか。プレミアリーグで完成されているチームといえば、マンチェスター・シティ、リヴァプールくらいだが、ジョゼップ・グアルディオラがマンCを離れる場合は可能性が出てくるかもしれない。

アッレグリはユヴェントスでもアントニオ・コンテがベースを築いたチームを指揮し、イタリア支配を完成させた。プレミア挑戦へ踏み切るならば、同じような流れで仕事を前任者から引き継ぎたいと考えているのかもしれない。ユヴェントスでの功績から現代の名将の1人と考えられているだけに、アッレグリがどういうビジョンで動いてくるのか楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ