“現プレミア最高”の右SBは誰だ 「ワン・ビサカも素晴らしいけど……」

リヴァプール不動の右SBとして活躍するA・アーノルド photo/Getty Images

リヴァプールOBが選んだのは後輩DF

現在プレミアリーグで最高の右サイドバックは誰か。世界最高峰と名高いこのリーグには、そのポジションに何人もの優秀な選手がいる。マンチェスター・シティのカイル・ウォーカー、リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルド、マンチェスター・ユナイテッドのアーロン・ワン・ビサカ……。例を挙げればキリがない。「誰か一人を決めてくれ」と言われたところで、意見は人によってかなり分かれるはずだ。しかし、かつてチェルシーやリヴァプールなどで活躍したグレン・ジョンソン氏は迷うことなく1人の選手をチョイスしている。

それはリヴァプールの後輩であるA・アーノルドだ。ジョンソン氏はこのキック精度の高く、プレイバリエーションの多いこの21歳こそがプレミア最高の右SBと信じて疑わない。ライバルとなるワン・ビサカと比較しながら、同氏はA・アーノルド を選んだ理由について次のように述べている。

「(プレミア最高の右SBは)トレント・アレクサンダー・アーノルドだね。ワン・ビサカもいい選手だけど、彼はそれほど現代的なSBではないように思えるよ。トレントは私の目には時々SBとしてプレイするセンターMFのように映る。ワン・ビサカも素晴らしいことには間違いないけど、トレントが持っているような能力は彼にないと思うんだ」

ジョンソン氏がこのように語ったことを英『Daily Mirror』が伝えている。どうやら同氏はプレイの引き出しの多さから、A・アーノルドの方がワン・ビサカよりもレベルが上と考えているようだ。チームの調子が良いことも、彼を選んだ要因の1つとなったか。

今季首位を快走するリヴァプール不動の右SBであるA・アーノルド。はたして、まだ21歳の若者はこれからどこまで偉大な選手となれるか。今後の活躍次第では、“プレミア最高”どころか“世界最高”の座を争う選手にまで成長するかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ