“ハンパない男”の帰還 戻ってきたブレーメンのエースを指揮官も大絶賛

ブレーメンの大迫 photo/Getty Images

ターゲットマンの連続離脱に苦しんでいたが……

ブレーメンが待ち続けていたハンパない男が帰ってきた。ブレーメンのハンパない男とは、もちろん日本代表FW大迫勇也のことである。

大迫は負傷が原因で欠場が続いていたが、2日のフライブルク戦で先発復帰。試合は2-2のドローに終わったものの、大迫はアシストを記録した。まずまずの復帰戦だったと言えるのではないだろうか。

独『Deich Stube』も大迫のカムバックを取り上げているが、ブレーメンにとって大迫の負傷離脱は非常に痛かった。大迫に続いて188cmの大型FWニクラス・フュルクルクまで離脱してしまい、前線のターゲットとなる選手が揃っていなくなってしまったのだ。

大迫は復帰したフライブルク戦で72分にベンチへ退いたが、計37回のボールタッチを記録。日本代表でもそうだが、最前線でボールを収めてくれる大迫のような選手は非常に貴重だ。

指揮官フロリアン・コーフェルトも、「彼がプレイしていなかった時と比較しても、これは最高のカムバックだ」「絶対的なキープレイヤー」だと大迫を絶賛する。

大迫が離脱した9月21日のライプツィヒ戦より、ブレーメンはリーグ戦で1つも白星を挙げることができていない。失点が多いことも勝ち切れない理由なのだが、大迫が復帰したことで攻撃力で相手をねじ伏せる展開も増えるかもしれない。大迫も開幕4試合で3得点と快調なスタートを切っていただけに、ここから再びのゴールラッシュといきたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ