レアルで予想外のトリデンテ完成も 18歳FWの早すぎる“怪物化”

レアルのロドリゴ photo/Getty Images

ヴィニシウスを早くも超えたのか

エデン・アザール、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルら一線級のアタッカーが揃うレアル・マドリードにおいて、18歳の新星が3トップの一角を手にしてブレイクするシナリオを誰が予想していただろうか。

スペイン『MARCA』がアザール、ベンゼマに続く3トップの一角を掴んだと称えるのは、18歳のFWロドリゴ・ゴエスだ。ロドリゴは今節のレガネス戦に先発出場し、前半7分に先制点を記録する活躍を見せた。ベイルの今後が不透明な中、ロドリゴが急激に評価を上げてきている。

同メディアはロドリゴの印象的な部分として、欧州のスタイルにフィットしている部分を挙げている。ロドリゴは母国ブラジルのサントスで育った選手だが、まるで欧州のアカデミーで育ったような感覚と同メディアは伝えている。18歳ながら欧州のスタイルに適応するだけのクレバーさを備えているのだろう。

ロドリゴは加入当初から優れた逸材と評判だったが、まさかこれほど早くトップチームで結果を出すと予想していたサポーターは多くなかったはず。マルコ・アセンシオの負傷離脱、ベイルの状況など様々な要素が絡んだこともあり、ロドリゴがチャンスを掴むことになった。

「全てのことがハッピーだよ。全てが非常に早く進んでいる。予想していなかったけど、非常にハッピーだ」

ロドリゴはこのようにコメントしており、自分でも驚いているようだ。すでに同じブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール以上のインパクトを与えたと言っても大袈裟ではなく、早くも評価は逆転しようとしている。

指揮官ジネディーヌ・ジダンも3トップの貴重なオプションとしてロドリゴを信頼していくはずで、このままポジションを掴んでも不思議はないだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ