白い巨人・レアルの勝率が悲惨 ジダンがここ10年の“ワースト2位”監督に

レアルを指揮するジダン photo/Getty Images

復帰したことでジダンの評価が崩れる

ジネディーヌ・ジダン復帰でレアル・マドリードが変わると期待していたサポーターは多かったはずだが、状況はなかなか好転しない。19日にはマジョルカ相手に0-1で敗れてしまい、マドリードを再び嫌な空気が包み込んでいる。

このマジョルカ戦はジダンが指揮官に復帰してからのリーグ戦20試合目だったのだが、第二次ジダン政権の勝率はぴったり50%となっている。ジダンが復帰したのは3月16日のセルタ戦からだが、ここまでリーグ戦20試合を戦って成績は10勝5分5敗。中堅クラブならまだしも、白い巨人・レアルの勝率が50%など許されるはずはない。

スペイン『as』も、「前任のサンティアゴ・ソラーリより悪い」と批判する。昨季途中からチームを指揮したソラーリはあくまで臨時の指揮官という立ち位置だったが、リーグ戦では17試合戦って12勝1分4敗の成績を残している。勝率は70.59%だ。

2009-10シーズン以降のレアルを振り返ると、今のジダンより勝率が悪い指揮官は昨季途中に解任されたフレン・ロペテギただ1人。ロペテギはリーグ戦10試合だけ指揮して解任されたが、戦績は4勝2分4敗。勝率は40%だった。

第二次ジダン政権はそのロペテギに次ぐワースト2位の勝率となっており、このままでは危険だ。ジダンは第一次政権でチャンピオンズリーグ制覇などを成し遂げ、指揮官としても有能と評価された。しかし苦しんでいたレアルに復帰したことにより、その評判が崩れつつある。

幸い今季はライバルのバルセロナも序盤につまずき、まだ勝ち点差は1しか離れていない。ここから勝率を上げていくことができれば、リーグ制覇も不可能なミッションではない。評価を取り戻すだけの時間は残されているが、ジダンは真の名将の仲間入りを果たせるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ