プレミアの“パーフェクトMF”2人に憧れた過去 ユーヴェ愛貫いた男が語る

ユヴェントスでプレイしてきたマルキジオ photo/Getty Images

イングランド行きの可能性もあったか

2018年からの1年間だけロシアのゼニトでプレイしたが、そのキャリアの全てをユヴェントスに捧げたMFクラウディオ・マルキジオ。マルキジオは今月3日に現役引退を表明したが、マルキジオほどの実力の持ち主ならばセリエA以外のリーグでもプレイできたはずだ。

英『Daily Mail』によると、マルキジオもイングランド・プレミアリーグの環境に興味があったと認めている。その理由は、元リヴァプールMFスティーブン・ジェラード、元チェルシーMFフランク・ランパードの2人に憧れていたからだ。MFとしてパーフェクトと言っていいジェラードとランパードに魅せられていたマルキジオは、自然とプレミアリーグの戦いを見るようになっていく。

「子供の時はジェラードとランパードを好んでいたし、常にプレミアリーグの戦いを追いかけていた。ゲームのリズム、フィジカルの要素など、試合は常に僕を魅了していた。ビジネス、組織の面でもね。プレミアリーグへ向かうこともできたかもしれないが、プライオリティは常にユヴェントスにあった。過去にはマンチェスターの両チーム、チェルシーが関心を持ってくれたけど、本格的な交渉がスタートすることはなかったよ」

特に2000年代前半はチャンピオンズリーグの舞台でもプレミアリーグ勢が好成績を残しており、スターが集まる世界的人気の高いリーグとなっていた。マルキジオが興味を示すのは当然だが、ユヴェントス愛に勝るものは何もなかったのだろう。

結果的にはユヴェントスの一員としてセリエAを7度も制覇し、コッパ・イタリアも4度獲得した。残念ながらチャンピオンズリーグは2回ともファイナルで敗れてしまったが、ユヴェントスでのマルキジオのキャリアは大成功だった。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ