“Newジェラード”誕生なるか イングランド変えるかもしれない20歳の可能性

リヴァプールのアーノルド photo/Getty Images

中盤へのコンバートがカギになるか

20歳ながらリヴァプール不動の右サイドバックとなったトレント・アレクサンダー・アーノルドは、正確なクロスを武器にチャンスメイクを連発するアシストマシーンとなっている。このまま世界的なサイドバックへと成長していくのも1つの選択肢だが、『90min』は中盤へポジションを変えるのも1つの手ではないかと提案している。

アーノルドはユース時代に中盤でのプレイも経験しており、子供の頃からリヴァプールのレジェンドMFであるスティーブン・ジェラードのプレイをモデルの1つにしていたと明かしている。ジェラードのように中盤でプレイするビジョンも持っているはずだ。

キック精度の高さはすでに証明されており、同メディアは理想のプレイヤー像としてマンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネの名前を挙げている。デ・ブライネは主に右のインサイドハーフを担当し、サイドに流れて正確無比なクロスでアシストを量産している現代屈指のチャンスメイカーだ。アーノルドがデ・ブライネ系のMFへと成長できれば非常に大きい。

現在のリヴァプールには中盤でゲームメイクする選手が不足しており、アーノルドは将来的な選択肢となるかもしれない。アーノルドのMF起用がもたらす効果はリヴァプールだけでなく、イングランド代表も同じだ。

イングランド代表もゲームメイカーが不足しており、加えて右サイドバックでは非常に激しいポジション争いが起きている。アーノルドを中盤へコンバートすることで、より守備に強みを持つマンチェスター・ユナイテッドDFアーロン・ワン・ビサカ、抜群の加速力を誇るマンチェスター・シティDFカイル・ウォーカーを右サイドバックで起用することが可能となってくる。こちらの方が攻守のバランスは取れるかもしれない。

ジェラードも若い頃はサイドバックを担当していた時期があり、アーノルドが同じ道を辿るのも悪くない。将来的なコンバートは実現するか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ