東京五輪にアーセナルの若きテクニシャンはやってくるのか 「夢は東京」

U-21スペイン代表の主力だったセバージョス photo/Getty Images

U-21欧州選手権制覇に貢献

今年6月に行われたU-21欧州選手権2019を制し、欧州王者として来年の東京五輪にやってくるのがスペイン代表だ。そのU-21チームで中心的な存在となっていたのが、現在レアル・マドリードからアーセナルにレンタル移籍しているMFダニ・セバージョスだ。

レアルではポジションを掴めなかったが、レンタル先のアーセナルでは早々にサポーターの信頼を獲得。足下のテクニックは一級品で、いかにもスペイン人選手らしいテクニシャンだ。セバージョスを東京五輪で見たいと考えている人は多いはず。

セバージョスの場合は1996年8月生まれとなっているため、東京五輪に出場する場合はオーバーエイジ扱いとなる。それでも今夏のうちにU-21のチームメイトと連携を深めていることを考えれば、セバージョスをオーバーエイジで招集するのは妥当な戦略となるのではないか。

スペイン『MARCA』によると、セバージョスも東京五輪へ参戦したいと意気込んでいる。EURO2020も楽しみな大会ではあるものの、東京行きの方にこだわりがあるようだ。

「レアルを離れたかったのは本当さ。今は自分が居たい場所にいるからハッピーだよ。僕はレアルを離れ、フットボールをエンジョイする考えだった。ここ2年はそれができなかったからね」

「僕はEUROも五輪もプレイできる。夢は東京だね」

セバージョスとしては今季アーセナルできっちりと結果を残し、東京五輪かEUROのどちらかで大活躍といったプランを描いているのだろう。東京五輪でセバージョスが厄介な相手になる可能性もあり、セバージョスにとってこの1年は非常に重要なものとなる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ