ミラン・“9番の呪い”はまだ続くのか イグアインに続く1月エース流出の可能性

ミランのピョンテク photo/Getty Images

エースが指揮官のスタイルに合わず?

2019年1月23日、ミランは前線に大きな変更を加えた。ゴンサロ・イグアインをチェルシーに放出し、その代役としてポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクを迎えたのだ。センターフォワードを入れ替えることになり、この時はイグアインよりもピョンテクの方が明らかに評価が高かった。

イグアインはチェルシーでも思うような結果を残せなかったため、評価が落ち続けていたのだ。しかし、今や2人の立場が逆転しようとしている。イグアインはマウリツィオ・サッリが指揮官に就任したユヴェントスで再びお気に入りとなっており、1日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節のレヴァークーゼン戦でも得点を記録。徐々に評価を取り戻しつつある。

その一方で、ミランの9番を任されたピョンテクは苦戦気味だ。伊『Calciomercato』はピョンテクを新指揮官マルコ・ジャンパオロのシステムの被害者の1人と伝えており、ジャンパオロのスタイルに100%フィットしている状態とは言い難い。そのため今冬に新天地を求める可能性があると同メディアは伝えており、イグアインに続いてピョンテクもシーズン途中にミランを去る可能性が噂されている。

ピョンテクは昨季もセリエAで22得点を記録しており、得点力は高く評価されている。ミランで苦戦している現状を見て、手を差し伸べるクラブが続々と出てきても不思議はない。

近年のミランにはエースの称号である9番を背負った選手が苦戦を強いられる「9番の呪い」なんて言葉も生まれているが、イグアイン同様にピョンテクもその呪いを振り払うことはできないのか。チームもなかなか白星を掴めない状態が続いており、今年1月から絶対的エースだったピョンテクにも退団説が浮上してきている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ