バルサはスアレスの後継者確保に動くのか 冬に狙うは昨季大ブレイクのFW

今冬バルセロナはスアレスの後釜確保に動くか photo/Getty Images

今季は不調に陥っているが

バルセロナにおける“もう一人のエース”が入れ替わる日は近いのか。同クラブのエースは間違いなくアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだろう。長きにわたってクラブのアイコンとして得点を量産してきたスーパースターは、毎年チームに多大な貢献を果たしている。しかしいくらメッシといえども、一人で世界トップレベルのDFたちを相手し続けることは難しい。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスという強力なもう一人のストライカーが隣にいるからこそ、彼は今でも輝きを放つことができるのだろう。

2014年にリヴァプールから加入して以降、メッシと好連携を見せ続けてきたスアレス。今季も序盤は苦しみながらも、本来の調子を取り戻しつつある。怪我でメッシのプレイタイムが伸びない中、ここまで5試合で3ゴールを挙げており、批判を受けながらも最低限の仕事はしている印象だ。

しかし、バルセロナは冬にもスアレスの後釜確保に動くという。英『Daily Mail』によると、彼らはミランに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクに興味を持っているようだ。昨季途中、ジェノアからミランに加入したピョンテク。2018-19シーズンはセリエAで22得点を決めた俊英ストライカーだ。24歳と年齢もまだ若い。

しかし、今季のピョンテクは苦しんでいる。ここまで6試合の出場でわずか2ゴール。今の彼に昨季得点を量産していた頃の面影はない。現状でスアレスの代役が務まるかどうかは怪しいところだ。獲得には5000万ユーロ(約59億円)程度の移籍金が必要と見込まれているが、現在のピョンテクにそれほどまでの金額を支払う価値があるか。

他にもライプツィヒのティモ・ヴェルナーやヘタフェのハイメ・マタなどの候補はいる。昨年夏からバルセロナはピョンテクの獲得に興味を持っているとされるが、彼らは冬にどう動くのか。スアレスが完全に衰えてからでは遅いが、候補は慎重に見極めたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ