マルディーニばりの活躍が出来るのに マンUサポ、あの男を手放したクラブに疑問

新天地ローマで活躍中のスモーリング photo/Getty Images 

「ジョーンズを残すなら......」

2010年よりマンチェスター・ユナイテッドでプレイしていたDFクリス・スモーリング。長きにわたりユナイテッドの最終ラインを支え続けたものの、今夏に同クラブに加わったDFハリー・マグワイアにレギュラーの座を奪われ、今季のプレミアリーグ開幕から3試合連続でベンチ外に。今夏にマンチェスターから離れ、ローン移籍という形でローマに加わっている。

そんな同選手が、現地時間9月29日に行われたセリエA第6節(レッチェ戦)にフル出場。英『Manchester Evening News』によると、[4-2-3-1]という布陣のセンターバックでプレイした同選手は100%の空中戦勝利数を記録(7回全て勝利)。また、両軍中最多のインターセプト数(2回)を叩き出すなど、対人守備で強さを見せた。同選手の活躍により、ローマは1-0でレッチェに勝利している。

『Manchester Evening News』は9月30日、レッチェ戦でのスモーリングの活躍を知ったマンチェスター・ユナイテッドサポーターによるSNS上のコメントを紹介。「フィル・ジョーンズをクラブに残すくらいならスモーリングを残留させるべきだった」、「彼は我々(マンU)にとって十分以上のDFだ」、「彼はマンUのなかで3番目に優れたDFだろう。今回の彼の放出は我々にとって奇妙な出来事だったが、その認識は今も変わらない」など、同選手を手放したマンU首脳陣に疑問を呈すファン、そして元イタリア代表の名DFパオロ・マルディーニ氏(Paolo Maldini)とスモーリング(Smalling)を掛け合わせた“smalldini”という造語で同選手のパフォーマンスを称える者もいたようだ。「大きなクラブでチャンスが与えられることは嬉しいことだ。ここで結果を残すことができ、クラブ側からも残留を求められればもちろんローマに残りたい」と移籍直後に語っていたスモーリングだが、今後も活躍するたびにマンチェスター・ユナイテッドのファンから復帰を願う声が寄せられることは間違いないだろう。


●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!
最新号では、欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!  

こちらから無料でお読みいただけます。http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ