君こそ“プレミア最高”ストライカー? アーセナルのエースが残す驚愕のデータ

今季のアーセナルで得点を量産するオバメヤン photo/Getty Images

英メディアが紹介

アーセナルのファンならば、多くの人がFWピエール・エメリク・オバメヤンのチームにおける重要性を理解していることだろう。守備陣に不安の残る同クラブが優勝とはいかないまでも、トップ4争いに絡めているのは攻撃陣の奮闘によるところが大きい。その中心に存在するのがオバメヤンだ。

昨季プレミアリーグの得点王に輝いたオバメヤンは今季も好調を維持。ここまで公式戦全試合にフル出場し7ゴールをマークしている。押しも押されもせぬアーセナルのエースと言えよう。そんなストライカーが記録する驚愕のデータを英『talkSPORT』がいくつか紹介している。

まず同メディアが紹介したのはオバメヤンのシュート成功率。同選手がアーセナルに加入して以降、記録した数字は26.2%。シュートを4本放てば1本以上はゴールになる計算だ。これはレスターのジェイミー・バーディ(25.4%)やリヴァプールのサディオ・マネ(22.9%)らを抑えてプレミアトップの数字となっている。

さらに同メディアはアーセナルの伝説的なストライカーであるティエリ・アンリとオバメヤンの加入以降50試合で挙げた得点数を比較。アンリの30ゴールに対し、オバメヤンは34ゴールをマークしている。他にもオバメヤンがアーセナルにおいて、3試合以上無得点に終わった期間がないことなどを挙げ、同メディアはこのガボン代表FWこそが現時点でプレミア最高のストライカーなのではないかとの考えを示している。

マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロやリヴァプールのモハメド・サラーなど、優勝争いに絡むチームのエースばかりが注目されがちなプレミアリーグ。しかし、近年何かと苦しむアーセナルにも素晴らしいストライカーがいるということを忘れてはいけない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ