たった“11分”の出場でも我慢せよ!? マンCの真珠MFは残留すべし

マンCのフォデン photo/Getty Images

EURO2020を逃したとしても

プレイタイムが増えずベンチを温めている時間が続くならば、どんな選手も移籍を検討すべきだ。伸び盛りの若手はなおさらで、例えばマンチェスター・シティからドルトムントに向かったイングランド代表MFジェイドン・サンチョのように出場機会を得た途端に大化けする選手もいる。若手が成長するうえでプレイタイムは非常に重要なのだ。

しかし、例外も存在する。今もマンCに留まっている19歳のMFフィル・フォデンだ。フォデンはサンチョと同じくイングランド新黄金世代の1人とも言われる天才肌の選手で、指揮官ジョゼップ・グアルディオラも能力を高く評価している。ただ、今季フォデンはマンCで僅か11分しかプレイタイムを得ていない。サンチョやチェルシーでブレイクするメイソン・マウント、タミー・エイブラハムを見れば、フォデンも出場機会を確保できるクラブに向かう方が良いだろう。

それでもフォデンの場合は例外なのだ。そう主張するのはリヴァプールなどで活躍したダニー・マーフィー氏だ。英『Daily Mail』によると、同氏は1年我慢すればフォデンにチャンスがやってくると信じている。それまでは名将グアルディオラの下でじっと耐えるべきと考えており、我慢を促している。

「フォデンは例外だと考えている。彼はスペシャルな選手だが、私はグアルディオラの下に留まることをオススメするね。なぜなら、グアルディオラには明確なプランがあると信じているからだ。短期的に見れば難しいが、長期的に考えればフォデンは彼の世代で特別な選手になれる。1年後にはシティのスタメンに入っているのではないかと思う。シティはダビド・シルバの後釜に7000万ポンドを支払うより、フォデンを信頼するだろうからね。グアルディオラがフォデンと将来について話していると思うし、フォデンはグアルディオラを信頼すべきだ。たとえEURO2020を逃すことになったとしてもね」

今季限りで退団する予定となっているダビド・シルバの後釜にフォデンが入ると同氏は考えており、あと1年だけは我慢が必要なのかもしれない。グアルディオラの教えを受けることでフォデンが成長する部分もあるはずで、サンチョとはケースが異なるとの考えだ。ワールドクラスのMFとなるその日へ向け、今は我慢の時か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ