ロシアW杯で大ブレイクした男を覚えているか ビッグクラブ移籍を蹴った理由

現在はモナコでプレイするゴロビン photo/Getty Images

新天地にモナコを選んだゴロビン

ロシア・ワールドカップで最もブレイクした男と言っても過言ではないロシアの英雄を覚えているだろうか。無尽蔵のスタミナに加えて、華麗なドリブルや正確なキックを武器に、母国をW杯ベスト8まで導いたロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンだ。同大会のスペイン戦では、16km近い走行距離を記録(延長戦を含めて)し、世界に衝撃を与えた。

ロシアW杯の開幕前から注目されていた逸材ではあったが、こういった活躍もあり、大会期間中から多くのビッグクラブが興味を示し、2018年夏のマーケットで大きなステップアップが期待された。当時は特にチェルシーやユヴェントスなどが積極的にラブコールを送っていたと報じられていたが、彼が新天地に選んだのはASモナコ。ティエリ・アンリやキリアン・ムバッペといった若き逸材を多く輩出したり、今を時めくベルナルド・シウバやハメス・ロドリゲスらがプレイしたりしてきたフランスの名門クラブで、毎年のようにチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグで常連の強豪ではあるが、先の2クラブに比べれば少々見劣りしてしまうかもしれない。

では、なぜゴロビンはそんなビッグクラブをオファーを蹴ってモナコ行きを決断したのか。その理由をゴロビン本人が明かした。英紙『THE Sun』など複数のメディアによると、インタビューで「なんで僕がユヴェントスやチェルシーへ移籍しなかったのかって? チェルシーやユヴェントスのようなクラブへ行くのは、現状の僕では難しいと思ったんだ。僕にとって、彼らはサッカー界の貴族のようなものだからね。僕はロシア出身なので、言語の知識も不足していた。ビックグラブでこれらは複雑な状況にしかねないからね」と述べたという。

この決断が正解だったのか、不正解だったのかはわからないが、加入初年度からモナコの主力として活躍しており、今季もここまでリーグ戦4試合にフル出場しているゴロビン。フランスで着実に力をつけ、ビッグクラブへのステップアップの準備を進めている。23歳と若くまだまだ発展途上だが、近い将来ビッグクラブでそのプレイを見ることができるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ