堂安、久保だけじゃない もう1人のレフティー三好康児の“クレイジーサマー”

アントワープでデビュー弾決めた三好 photo/Getty Images

コパ2発、ベルギーでデビュー弾と快進撃止まらない

時期はもう夏の終わりといったところだが、この夏に川崎フロンターレからベルギー・アントワープへの移籍を決めたMF三好康児の夏は熱かった。

アントワープは15日にベルギー・リーグ第7節で強豪アンデルレヒトと対戦し、三好はそこで途中出場から決勝ゴールを挙げたのだ。三好にとってはベルギーでのデビュー戦となったわけだが、豪快な左足フィニッシュでいきなりサポーターを沸かせることになった。

ベルギー『HLN』も三好のスーパーゴールを称えているが、三好は今夏のコパ・アメリカ2019でもウルグアイ代表相手に2ゴールを決める活躍を見せている。コパ・アメリカでクオリティをアピールし、そこからベルギー移籍につなげてデビュー戦ゴール。この3ヶ月ほどの間に三好の環境は大きく変わった。

同メディアは「アンデルレヒトでの決勝ゴール、コパ・アメリカでの2得点、三好のクレイジーサマー」と取り上げており、三好はこの夏で一気に評価を高めることになった。

コパ・アメリカでの戦いから三好の名前を覚えた日本のサッカーファンもいるだろう。次に三好のクオリティを知るのは欧州のサッカーファンたちだ。今季アントワープでどこまで輝きを放つのか。

来年に迫る東京五輪では堂安律、久保建英ら注目のレフティーが揃っており、彼らも今夏に移籍を果たすなどクレイジーな夏を過ごした。2人はすでにA代表の常連となっているため注目度は高いが、三好の左足も見逃してはならない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ