早くもPFA年間最優秀選手賞争いは一騎打ちの様相? 英紙が挙げた2人とは

今季のPFA年間最優秀選手賞争いはサラーとデ・ブライネの一騎打ちか photo/Getty Images

ロケットスタート決めた2名

イングランドでプレイしている選手を対象に、そのシーズン最も活躍した選手に与えられるのがPFA年間最優秀選手賞だ。2018-19シーズンはリヴァプールのDFフィルジル・ファン・ダイクに与えられたこの賞だが、今季はいったい誰が受賞することとなるのだろうか。

まだ4試合しか消化していないが、現時点で最有力候補と言えるのは2017-18シーズンにも受賞したリヴァプールのFWモハメド・サラーか。彼はすでに今季リーグ戦で3つのゴールを決めている。2年連続で得点王に輝いていることもあり、突如として調子を崩す可能性は低いと見ていいだろう。実力は申し分ない。しかし、そんなサラーの対抗馬として英『DAILY STAR』はあるひとりの選手を挙げている。マンチェスター・シティに所属するMFケビン・デ・ブライネだ。

昨季は怪我の影響もあり、19試合の出場にとどまったデ・ブライネ。だが今季はその怪我も癒え、ここまで全4試合でアシストを記録。開幕からエンジン全開でマンCの攻撃陣を牽引している。この圧巻のパフォーマンスを受け、同メディアはPFA年間最優秀選手賞争いがサラーとデ・ブライネの一騎打ちになると見ているのだ。イングランドの名物解説者であるクリス・カマラ氏もこの個人賞争いには興奮を隠せない。

「私はデ・ブライネの大ファンなんだ。怪我がなければ、今季は年間最優秀選手賞を受賞するかもしれない。個人賞争いは彼とサラーの一騎打ちになるだろうと言わざるを得ないね。賞の行方がどうなるか、じっくり見てみようじゃないか!」

もちろん、彼らの他にも候補はたくさんいる。はたしてシーズン終了時、栄冠を掴んでいるのは誰か。選ぶ側が頭を抱えるほどに多くの選手が好パフォーマンスを見せることに期待したい。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ