レアルやバルサのレベルじゃない! スパーズ司令塔をバッサリ切り捨てたのは

トッテナムのエリクセン photo/Getty Images

今夏のレアル行きが噂されたが……

レアル・マドリードは今夏に中盤を強化すべくマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバやトッテナムMFクリスティアン・エリクセンの獲得を狙ってきた。今でもエリクセン獲得の可能性を探っているとも言われるが、エリクセンはレアルやバルセロナでプレイするレベルのMFではないと切り捨てる人物もいる。

リヴァプールOBで現在は解説を務めるジェイミー・キャラガー氏だ。時折辛口な解説を見せるキャラガー氏は、エリクセンをトッテナムのキープレイヤーであることは認めている。しかし、レアルやバルセロナにふさわしいMFなのか疑問を抱いているようだ。

英『Telegraph』によると、「エリクセンはレアルやバルセロナのレベルではない。私はエリクセンをバカにしているわけではなく、彼はトッテナムのユニフォームで輝きを放ってきたエクセレントな選手だ。ただ、私はハリー・ケイン1人だけがこの市場や過去3年間においてポチェッティーノのチームで失うことのできない選手だったと信じている」とコメント。

ケインも過去にレアル行きの話題が浮上した選手で、同氏はケインを失うことの方がトッテナムにとって痛手だと考えている。エリクセンもワールドクラスの1人に数えられるMFのはずだが、レアルやバルセロナが求めるレベルにはないということなのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ