バイエルンの補強方針にエースはご不満? 「選手が少なすぎる」

クラブの補強方針に不満を漏らしたレヴァンドフスキ photo/Getty Images

「新しい選手が3人は必要」

昨季は序盤戦こそ苦戦したものも、最終的にブンデスリーガ優勝を果たしたバイエルン・ミュンヘン。今季も栄冠をつかむことが期待されている同クラブだが、その戦力には不安が残る。昨季限りで長くチームを牽引したアリエン・ロッベンやフランク・リベリが退団。加えて、レアル・マドリードからレンタルしていたハメス・ロドリゲスも買取オプションを行使せずチームを離れることとなった。現在彼らが抜けた穴を埋めるべく、マンチェスター・シティのレロイ・サネを狙っているとの噂もあるが、エースはこの現状に納得していないようだ。

独『Bild』にインタビューに登場したFWロベルト・レヴァンドフスキ。同選手は長いシーズンを戦う上で、バイエルンはもっと補強に動くべきと次のように語っている。

「新しい選手が3人は必要だ。バイエルンはフランク・リベリ、アリエン・ロッベン、ハメス・ロドリゲスを失った。だけどこれまでのところ、クラブは新たな選手とサインを交わしていない。サネが来たとしても、それとは別にサイドアタッカーが必要だ。おそらく、6番の位置や中央の攻撃的なエリアにもね。13人や14人でシーズンを戦おうとするのは難しいだろう。3カ月や4カ月、5カ月、6カ月だけでなく、僕らは1シーズンで5、60試合をこなさなければいけないんだ。選手が少なすぎるよ」

バイエルンは今夏、DFリュカ・エルナンデスやDFバンジャマン・パヴァールなどを獲得したが、前線の補強は今のところ19歳のFWヤン・フィーテ・アルプのみ。そのアルプも今季はレンタルで武者修行に出る可能性があり、チームに残るかは不透明な状況だ。

開幕は目前に迫っているが、はたしてバイエルンはエースの要求を聞き入れ、ここから怒涛の移籍ラッシュを見せることができるのだろうか。ドイツ王者の夏はまだ続きそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ