“禁断の移籍”の誘いがあった!? バルサのレジェンドが明かす宿敵との過去

”ワン・クラブ・マン”としてその選手キャリア全てをバルセロナに捧げたプジョル氏 photo/Getty Images

「私とロナウジーニョを欲しがっていた」

かつて頼れるキャプテンとしてバルセロナを5度のリーグ優勝に導いたカルレス・プジョル氏。現役時代はバルセロナ一筋でプレイした彼だが、過去に複数回“禁断の移籍”の誘いがあったようだ。

スペイン『MARCA』によると、プジョル氏には2000-01シーズンと2004-05シーズンの2度にわたって宿敵レアル・マドリードからのオファーが届いていたという。当時のことを本人が語っている。

「レアル・マドリードは彼らの新たな監督として、(ホセ・アントニオ・)カマーチョを任命した。そして彼は私とロナウジーニョを欲しがっていた。彼らは2度にわたって私を獲得しようとしたんだ。だが、私は世界最高のクラブにいた。そして、そこでタイトルを獲得したかった。だから残留したのさ」

最初のオファーがあったという2001年は、レアルがバルセロナからルイス・フィーゴを引き抜いて間もない時期。大騒動を巻き起こした移籍劇の翌年に、再度中心選手の獲得を企てるとはレアルもなかなかに図太い神経をしている。移籍が成立してしまえば再び暴動が起きかねないだけに、レアルもプジョル氏のバルセロナ愛に救われたのではないだろうか。

10年以上の時を経て明らかとなったレアルからプジョル氏へのオファー。もしかすると今後、他のレジェンドも「実は俺も……」と過去の移籍話を語り始めることがあるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ