まるでコカ・コーラのようなチーム? 躍進果たしたプレミアのダークホース

昨季は昇格組ながらプレミアを7位でフィニッシュしたウォルバーハンプトン photo/Getty Images

指揮官が新シーズンにむけてコメント

昨季昇格組ながらプレミアリーグを7位でフィニッシュし、大躍進を遂げたウォルバーハンプトン。そんなチームを率いるのはポルトガル人指揮官のヌーノ・エスピリト・サントだ。同監督は昨季、対戦相手や試合の流れによっていくつもの戦術・戦略を巧みに使い分け、アーセナル、チェルシー、マンU、トッテナムといった強豪を次々と撃破した。ビッグ6相手の対戦成績は4勝4敗4分。互角の戦いを披露している。

とはいえ、来季も同じように成功を収められるとは限らない。昨季ダークホースとなった彼らに対して、相手チームは研究に研究を重ねてくることだろう。しかし、サント監督もそれは重々承知なようで、2019-20シーズンは昨季と別の戦い方で試合に挑むという。

「我々は新シーズンに向けて努力し、成長しようとしている。昨シーズン披露したものと同じようなことはもうしないよ。意味がないからね。常に先を見越してより良い解決策を見つけなければいけないんだ。君たちにヒントは与えないけれど、サッカーは変えるつもりだよ」

指揮官がこのように語ったことを英『The Guardian』が伝えている。ビッグクラブのように選手が持つ個の力だけで勝負することが難しいウォルバーハンプトンにとって、戦術に関する情報を公開してしまうことは命取り。新シーズン仕様のサッカーは開幕するまでのお楽しみのようだ。

しかしこの後、サント監督は「だが哲学、信念は変えない。何年も味が変わらないコカ・コーラのようにね」とも話している。レシピ(戦術)は非公開ながら、味(信念)はいつまでも変わらない。なるほどこれは言い得て妙。はたして、“コカ・コーラのようなウォルバーハンプトン”は来季もその力を発揮することできるのだろうか。2019-20シーズン、ダークホースがビッグ6の牙城を崩しにかかる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ