得点王が2人もやってきた! バルサ、レアルを脅かすリーガのクラブとは

今季はセビージャが楽しみ photo/Getty Images

スマートに補強続ける危険な集団

フレンキー・デ・ヨング、アントワーヌ・グリーズマンを加えたバルセロナ、エデン・アザールやルカ・ヨビッチを獲得して改革へ動くレアル・マドリード、主力数名が退団したが、ジョアン・フェリックスを1億2600万ユーロで獲得するなど精力的な動きを見せるアトレティコ・マドリードと、リーガ・エスパニョーラで毎年のように上位を争ってきた3クラブは市場でも大きな注目を集める。

しかし、リーガで面白いのは彼らだけではない。彼ら以上に今季の戦いが楽しみなのはセビージャだ。セビージャも今夏かなり積極的な動きを見せているのだが、話題に挙がる機会が少ない。それもそのはず、移籍金額の相場が跳ね上がっている現代において今夏のセビージャは低価格で優秀な選手を獲得しているからだ。高額な移籍金が動く取引は大きな注目を集めるが、セビージャは安価な補強がほとんどだ。それもセビージャの大型補強が話題になっていない理由だろう。

それでも新戦力の顔ぶれは非常に豪華だ。最終ラインではフランスのFCナントで主力を張ってきた26歳センターバックのディエゴ・カルロスを1500万ユーロで獲得。さらにフランスの世代別代表にも選ばれてきた注目の20歳DFジュール・クンデをボルドーから早々に2500万ユーロで引き抜いている。この2500万ユーロという金額はセビージャ史上最高額の移籍金だが、それでも近年の傾向から見ると驚くような金額ではない。

サイドバックではレアル・マドリードで昨季プチブレイクを果たした22歳のセルヒオ・レギロンを1年のレンタルで獲得。リーガでレギロンの力が通用することは証明されており、攻守両面において安定したパフォーマンスが期待できる。

中盤ではアーセナルも興味を示していたとされる24歳のジョアン・ジョルダンを1400万ユーロでエイバルから獲得。リーガでも高い評価を得ていたMFの1人で、レアル・マドリードMFイスコのような小刻みなタッチで相手をかわす高いレベルのテクニックを備えている。ロングパスの精度も正確で、中盤からのゲームメイクで大いに貢献できるだろう。

さらにFCポルトから若い頃より天才MFと言われてきたオリベル・トーレスも獲得している。残念ながらアトレティコ・マドリードでは成功できなかったが、ポルトでは主力として活躍してきた創造性豊かなMFだ。ポルトでプレイしていた際には最優秀若手選手賞を獲得したこともあり、テクニックは申し分ない。

そんなテクニシャンなジョルダンやオリベルとは正反対の選手も獲得している。マンチェスター・シティでプレイした経験も持っているブラジル人MFフェルナンドだ。センターバックもこなせるフェルナンドはハードに相手を潰せる選手で、守備的MFとして経験は十分だ。ここまでセビージャは20代の選手を獲得してきており、フェルナンドは数少ない30代プレイヤーだ。若手を統率するベテランらしい振る舞いにも期待が持てる。

そして最も面白いのが前線だ。財政難に陥るフランスのマルセイユから、サイドからの仕掛けを得意とするルーカス・オカンポスを僅か1500万ユーロで獲得。その実力を考えれば、この移籍金額はお得と言えよう。ドリブルにはかなりの切れ味があり、チャンスメイクで貢献してくれること間違いなしだ。

センターフォワードでは、今年の冬に南野拓実と同僚のザルツブルクFWムナス・ダブール獲得をすでに決めていた。ダブールは今夏からチームに合流するのだが、オーストリアでは手がつけられない点取り屋だった。2017-18、2018-19シーズンと続けてリーグ得点王を獲得しており、スイスのグラスホッパーでプレイしていた2015-16シーズンにはスイス国内リーグでも得点王を獲得している。セビージャはダブールを1500万ユーロで引き抜いており、その得点力が欧州五大リーグで通用するのか証明する時だ。

さらに得点王獲得は続く。昨季オランダのPSVで28得点を挙げ、アヤックスのドゥシャン・タディッチと並んで得点王のタイトルを手にしたFWルーク・デ・ヨングも1250万ユーロで獲得している。エールディヴィジでは2017-18、2018-19シーズンと続けてベストイレブンにも選ばれており、こちらも得点量産が期待できる。ダブール、デ・ヨングの得点王コンビは新生セビージャの目玉となるだろう。

指揮官のことも忘れてはならない。今季からチームを指揮するのはフレン・ロペテギだ。昨季はレアル・マドリードで苦しいシーズンを過ごしたが、FCポルトやスペイン代表で結果を残してきた実績がある。恐らくはセビージャでもポゼッションを軸とした攻撃的なサッカーを展開するのだろうが、フィットすれば面白い。そのサッカーを実現するだけの駒は今夏の補強で揃いつつあるはずだ。

昨季のセビージャは5位に終わったが、今季は思い切ってトップ3を目指したい。バルセロナとレアルは相変わらず強力だが、主力の入れ替えが激しいアトレティコがいきなり機能するかは分からない。セビージャや昨季4位に入ったバレンシアなど、第2集団にもチャンスはあるはずだ。今季はバルセロナとレアルの優勝争いだけでなく、的確な補強で不気味な集団となりつつあるセビージャにも注目してみてはいかがだろうか

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ