「チームを勝たせたい……」MF森谷賢太郎が磐田復活のキーマンに!?

今季から磐田でプレイする森谷 photo/Getty Images

元同僚たちの活躍も刺激に

20日に明治安田生命J1リーグ第20節が行われ、ジュビロ磐田は浦和レッズをホームへ迎え入れた。後半に一矢報いるも前半の3失点が大きく響き、磐田は1-3で浦和に敗戦。降格圏脱出へ向けて、連勝を飾ることはできなかった。

今季、川崎フロンターレから磐田へ移籍したMF森谷賢太郎。怪我による出遅れもあり、序盤戦ではなかなか出場機会に恵まれず、苦しい時期を過ごしていた。しかし、徐々に出場機会を増やしており、前節の松本山雅戦に続いて浦和戦でも2試合連続のフル出場を果たしている。そんな森谷が22日に自身のブログを更新。「浦和戦」というタイトルで次のように綴った。

敗れた浦和戦について「不甲斐ない結果に終わってしまい、応援してくださった方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ホームで見せる姿、結果ではなかった」と悔しさをにじませた上で「ただ松本戦で勝ったときもそう。今回残念な結果に終わってしまいましたが、勝っても負けても一喜一憂せずに、最善の準備をして次の試合に向かっていくしかないと思っています。少しの間中断に入るので、また試合に出られるように、そしてチームを勝たせられるように、自分に厳しくトレーニングに励みたいと思います」と今後の巻き返しを誓った。

さらに、先日水戸ホーリーホックへ育成型期限付き移籍した小川航基やかつてのチームメイトたちの活躍に大きな刺激を受けているようで「航基、ゴールおめでとう! 航基のゴールといい、この前のフロンターレのチェルシー戦のみんなの戦いといい、仲間の活躍は最高の刺激です。もっと頑張ります」とも明かしている。

はたして、森谷はピッチで己の存在意義を証明するとともに、磐田に浮上のきっかけをもたらすことができるのか。磐田復活のキーマンになるかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?se

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ