マンCの新ユニフォームを見たか クラブ創設125周年はサプライヤー変更

サプライヤー変更も”マンCらしさ”が残った2019-20ホームキット photo/マンC公式Instagram

産業革命、伝説的ナイトクラブから影響受ける

マンチェスター・シティは1日、2019-20シーズンに着用する新ユニフォームを発表した。

マンCは今回の新ユニフォームで、サプライヤーをNikeからPumaに変更。ホームキットはこれまで通りスカイブルーを基調にしているが、フォームストライプには紫が採用された。波紋が広がるような模様は、産業革命において活躍した織機を表現しているとのこと。また、エンブレム下にはクラブ創設125周年を祝う「125 YEARS」の文字があしらわれている。

アウェイキットはネイビーから黒に変更。右肩に配された黄色と黒の大胆なストライプが目を引くが、これはマンチェスターの伝説的ナイトクラブ・ハシエンダからインスピレーションを得たという。左右の袖がそれぞれオレンジ、青とアシンメトリーになっているのも個性的だ。

昨季はイングランド史上初の国内3冠を達成し、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で黄金期を築いているマンC。ホームではいつも通りのスカイブルー、アウェイでは”漆黒の軍勢”となって来季も相手を恐怖に陥れる。









●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ