アーセナルは”19歳”の若手アタッカーを信頼すべき? ザハとの比較が面白い

ホッフェンハイムで活躍したネルソン photo/Getty Images

ドイツでのレンタル移籍で急成長

アーセナルには新たなウイングが必要と言われており、今夏にも何名か候補者がリストアップされてきた。現在頻繁に噂されているのはクリスタル・パレスFWウィルフリード・ザハで、プレミアリーグを代表するドリブラーを獲得できれば大きな戦力となるのは間違いない。

とはいえクリスタル・パレスは高額な移籍金を求めており、獲得を実現するのは簡単ではない。そんなアーセナルに、英『The Sun』が別角度からの提案をしている。それは、ザハの代わりにホッフェンハイムへレンタル移籍していたFWリース・ネルソンを信じるというものだ。

ネルソンはホッフェンハイムで途中出場からゴールを量産し、2018-19シーズン前半戦に大きな注目を集めた。アーセナルサポーターも新シーズンの働きに期待しているに違いない。

「アーセナルはザハに5500万ポンドを支払うべきか?それともネルソンがステップアップするべき時か?」と同メディアは取り上げているのだが、2人のデータを比較してみるとなかなか興味深い。

2018-19シーズンはザハがリーグ戦で3040分、ネルソンが628分間出場しており、プレイタイムには差がある。しかし得点数ではザハが10得点、ネルソンが7得点と大きな差がない。ザハが304分間に1点のペースでネットを揺らしているのに対し、ネルソンは90分間に1点とかなりのハイペースだ。

また、1試合平均のチャンスメイク数はザハが1.6回、ネルソンは2.3回だ。ドリブル成功率もザハが45.4%、ネルソンが48.5%とこちらも悪くない。ネルソンはアーセナルで信頼を得るにふさわしいタレントと言えよう。

サポーターからはザハもネルソンも必要との声が出ているが、ザハ獲得が実現しない場合はネルソンに頼るのも良いだろう。プレミアとブンデスでは違いがあるものの、ネルソンは1年で大きく飛躍した。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ