遅れてきた”天才アタッカー” 若きドイツを引っ張る30歳プレイヤー

ドイツ代表のロイス  photo/Getty Images

ついに主役となる時

ロシアワールドカップでの惨敗から復活を目指すドイツ代表は、11日に行われたEURO2020予選・グループステージ第4節でエストニア代表を8-0のスコアで粉砕。格下ではあるものの、最高のパフォーマンスを披露した。

このゲームで2得点を挙げたのがFWマルコ・ロイスだ。特にフリーキックから決めたゴールは精度も抜群で、ロイス自身も「代表で決めた中で最高のゴール」と振り返っている。やはりコンディションが整っている時のロイスは脅威だ。

ロイスは今季ドルトムントでも好調を維持し、チームの2位進出に大きく貢献。大きな怪我もなく、改めて天才であることを証明してみせた。ドイツ代表でもその勢いは変わらず、ブンデスリーガ公式は「30歳のロイスがドイツの革命を引っ張る」と注目している。

ドイツがロシアワールドカップで惨敗した理由の1つに世代交代の遅れが挙げられ、あの時から徐々にチームは若くなっている。トーマス・ミュラーやジェローム・ボアテングら経験豊富な選手たちが外れており、今回のエストニア戦もGKマヌエル・ノイアーとロイスを除けば全員が20代で構成されている。

しかし、世代交代の中にあってもロイスは特別な存在だ。コンディションが整っている時、ロイスに敵うアタッカーはドイツに存在しないと言ってもいい。怪我の影響もあって2014ブラジルワールドカップ制覇に絡むことはできず、ロイスは代表で苦い思いを味わい続けてきた。やや遅れたものの、今こそロイスがドイツの主役になる時なのだ。

EURO2020でのドイツ完全復活へ、その先頭を走るのはロイスだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ