ベルギー最高級DFの冨安、点取り屋・鎌田 2人はもうステップアップできる

シント・トロイデンで評価を高めた冨安 photo/Getty Images

ベルギーメディアは今後の動きに注目

ベルギーのトップクラブといえば、やはり今季も優勝プレーオフまで駒を進めたクラブ・ブルージュやアンデルレヒトということになるのだろう。しかし、上位に食い込めなかったチームにも優秀な若手選手は揃っている。

今回ベルギー『Voetbalnieuws』はヨーロッパリーグ予選の出場権を目指して戦うプレーオフ2に参加したクラブの中から、ステップアップの準備ができている優秀なタレントを10名リストアップしている。その中には、シント・トロイデンFW鎌田大地、DF冨安健洋の2人も選ばれている。

中でも冨安については、ジュピラー・プロ・リーグで最も優れたセンターバックの1人と絶賛しており、ベルギーを離れて高いレベルでプレイすることが可能と捉えられている。シント・トロイデンは冨安を売却すれば1000万ユーロほどを手にできるはずで、今季のシント・トロイデンで最も伸びた選手の1人と言っていい。

鎌田はフランクフルトからレンタルで加わった選手だが、今季は15得点と爆発。ベルギーのレベルで結果を出せることは十分に証明した。こちらはベルギーの上位クラブが関心を示すはずと伝えられており、鎌田もシント・トロイデンからステップアップできるはずだ。

ベルギーは欧州トップクラブ入りを目指す選手たちにとってはステップアップの場で、できる限り若いうちに結果を出してベルギーを離れたい。冨安と鎌田は1シーズンで強烈なインパクトを残すことに成功しており、今夏の動きが楽しみだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外その他

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ