「恐らく間違っていた」 バイエルン会長が今も悔やむ”天才司令塔”の放出

レアルで活躍するクロース photo/Getty Images

あっさりと手放してしまったが……

今もバイエルンはチアゴ・アルカンタラやレオン・ゴレツカなど中盤に実力者を揃えているが、悔やまれるのはワールドカップを制した司令塔がいないことだ。

2014年夏、バイエルンがあっさりと手放したのはドイツ代表MFトニ・クロースだ。クロースは2014年夏よりレアル・マドリードで絶対的なゲームメイカーとなり、ルカ・モドリッチやカゼミロらとチャンピオンズリーグ3連覇を経験するなど多くの成功を手にした。バイエルンもクロース擁するレアルに何度かやられており、苦い思いをしてきたに違いない。

独『TZ』によると、クラブのウリ・ヘーネス会長もクロースの放出は間違った判断だったのではないかと悔やむ。クロースもバイエルンで100%満足していなかったのは間違いないが、実力を考えると何とか残留させたいところだった。

「クラブは時にタフな決断をしなければならないものだ。クロースの件も難しい判断だった。そして、恐らく間違っていた」

クロースが残っていれば、中盤のクオリティがさらに上がっていたのは間違いない。レアルでの成功を考えるとクロースが移籍を選択したのは正解だったが、バイエルンとしては大失敗だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ