[EL]アーセナルの“夢”打ち砕かれる プレミア対決を制したのはチェルシー

2ゴールの活躍を見せたアザール。ゴール後に喜びを爆発させる photo/Getty Images

2012-13シーズン以来2度目のEL優勝

29日にヨーロッパリーグの決勝が行われ、チェルシーとアーセナルのプレミアリーグ勢同士が王座をかけて激突した。

2度目の優勝を目指すチェルシーはエデン・アザールやジョルジーニョといった主力が名を連ねたほか、出場が微妙とされたエンゴロ・カンテも無事スタメン入りを果たした。一方、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得するためにも負けれらないアーセナルは、バレンシアを撃破した準決勝・2ndレグのメンバーから変更なしとなっている。

アーセナルボールでキックオフされた試合は、一発勝負の決勝ということもあり、両チームともに慎重な入りを見せた。しかし、15分を過ぎたころからアーセナルがサイドを起点に徐々に相手陣内の深い位置までボールを運ぶシーンが増える。そして27分、グラニト・ジャカがペナルティエリア手前から強烈なミドルシュートを放つも、これは惜しくもクロスバーをかすめ、ゴールとはならなかった。一方、チェルシーもアザールを中心に攻撃を仕掛け、前半の終盤に何度かチャンスを作るも、相手の堅い守備やGKの好セーブに阻まれ、先制点を奪うことができず。スコアレスのままハーフタイムを迎えている。

ただ後半に入ると、すぐさま均衡が破られた。49分、エメルソンのアーリークロスに、今大会の得点ランキングで首位に立つオリヴィエ・ジルーが反応。DFの前にうまく入り込むと、鮮やかなダイビングヘッドでゴールネットを揺らし、チェルシーに待望の先制点をもたらした。これで勢いに乗ったチェルシーは60分、高い位置でボールを奪うと、左サイドでコバチッチ、アザールとつなぎ、中央へ丁寧なクロスを入れる。これをフリーで走り込んだペドロが左足で合わせ、リードを2点に。さらに65分、ジルーがエリア内で倒されて得たPKを、アザールが落ち着いて沈め、勝利を大きく手繰り寄せた。

3点のビハインドを負ったことで、アーセナルのウナイ・エメリ監督が動く。66分にナチョ・モンレアルとルーカス・トレイラに代えて、マッテオ・グエンドウジとアレックス・イウォビを投入する2枚同時替えを敢行。すると、直後の69分にそのイウォビが豪快なミドルシュートを叩き込み、反撃の狼煙をあげる。1点返したことでアーセナルの反撃ムードになるかと思われたが、チェルシーのエースが再び本領を発揮。72分にジルーのふわりとした折り返しをアザールが冷静に合わせ、アーセナルの息の根を止めた。

試合はこのまま終了し、チェルシーが4-1でアーセナルを撃破。2012-13シーズン以来のEL優勝を成し遂げている。一方、アーセナルはチェルシーに夢を打ち砕かれ、3シーズン連続でチャンピオンズリーグの出場を逃す結果となってしまった。

[スコア]
チェルシー 4-1 アーセナル

[得点者]
チェルシー:ジルー(49)、ペドロ(60)、アザール(65:PK、72)
アーセナル:イウォビ(69)

[スターティングメンバー]
チェルシー:ケパ、アスピリクエタ、クリステンセン、ダビド・ルイス、エメルソン、ジョルジーニョ、カンテ、コバチッチ(→バークリー 76)、アザール(→ザッパコスタ 89)、ペドロ(→ウィリアン 71)、ジルー

アーセナル:チェフ、パパスタソプーロス、コシェルニー、モンレアル(→グエンドウジ 66)、ジャカ、トレイラ(→イウォビ 66)、メイトランド・ナイルズ、コラシナツ、エジル(ウィロック 78)、オバメヤン、ラカゼット

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ