ヴェンゲルは昨年に拒否していた? 今冬アーセナル入りのMFは結果残せず

アーセナルに加わっていたデニス・スアレス photo/Getty Images

バルセロナからのレンタルで加わったが……

トップ4入りへ向けて戦力増強を狙っていた今冬のアーセナルは、バルセロナで出番を失っていたMFデニス・スアレスをレンタルで獲得する判断を下した。デニス・スアレスと指揮官ウナイ・エメリは共に仕事をした経験があり、エメリ流を知るデニス・スアレスならばスムーズにフィットできるのではないかとの期待もあった。

ところが、デニス・スアレスは全く戦力にならなかった。プレイタイムは僅か95分に留まり、怪我もあって今季中には復帰しないことが発表されている。結局デニス・スアレスしか補強できなかったわけだが、アーセナルにどのようなプランがあったのかは謎だ。

英『METRO』によれば、アーセナルは昨年にもデニス・スアレス獲得案が浮上したという。同じくレンタルで獲得する案だったようだが、これを当時の指揮官アーセン・ヴェンゲルが拒否したというのだ。

昨年冬にはブライトン、サウサンプトンも興味を示したようだが、結局デニス・スアレスはバルセロナに残った。ヴェンゲルはデニス・スアレスがアーセナルとプレミアリーグのスタイルにフィットしないと考えたのだろうか。

一方でヴェンゲルが昨年冬に獲得したFWピエール・エメリク・オバメヤンは見事にフィットしている。この補強は当たっていたと言える。今冬はエメリが指揮官ということもあってデニス・スアレスのレンタルが実現したが、この判断は明らかな失敗に終わってしまった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.248 Season Review2019/20 欧州は今季も前進!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ