1年だけでもいいから…… ウォーカーが希望する引退の地とは

今ではマンC不動の右サイドバックとなったウォーカー photo/Getty Images

愛する地元でのキャリア終焉を願う

今季プレミアリーグで優勝争いの渦中にあるマンチェスター・シティで不動の右サイドバックを務めるDFカイル・ウォーカー。今では世界最高峰の舞台で活躍するトッププレイヤーとなった彼だが、将来は古巣でキャリアを終えることを望んでいるようだ。

英『The Sun』によると、ウォーカーは彼がプロキャリアをスタートさせたシェフィールド・ユナイテッドでの引退を希望している。彼は古巣の未来ある若者に自身の経験を伝えたいと次のように語った。

「ぼくはシェフィールドでキャリアを終えたい。彼らがぼくを欲しがっているかはわからないけど、ぼくはそのつもりだよ。たとえ在籍が1年だけだったとしても、うまくいけばぼくのサッカーに関する知識をヤングスターたちに伝えることができる。ぼくは今月末で29歳になるけどコンディションは良いよ。数週間前にリーグ戦400試合を達成した。まだ何年もプレイできるよ」"

ウォーカーはシェフィールドの下部組織からトップチームへ2008年に昇格。レンタルや早々にトッテナムへ移籍したこともあり、シェフィールドでレギュラーとして活躍したのは1シーズンのみだ。しかし、生まれ故郷でもあるこの地でキャリアを終えたい気持ちは相当強いのだろう。

現在のシェフィールドはチャンピオンシップ(英2部)でここまで2位。すでに13シーズンぶりのプレミア昇格を決めている。今季の同クラブは主に3バックを採用していたため、一見サイドバックのウォーカーが輝く場所はないようにも思える。しかし、マンC移籍後の彼は3バックの右という新境地を開拓。昨年のロシアW杯でも出場したすべての試合でその位置を務めたことは記憶に新しい。

今回、キャリア終焉の地について語ったウォーカー。シェフィールドの人々もこのイングランド代表DFが故郷に凱旋するのを心待ちにしていることだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ