“9億ユーロ”もかけて優勝は2回だけ レアルはバルサにリーガを支配された

リーガで結果出ないレアル photo/Getty Images

ペレス会長復帰以降優勝は2回だけ

バルセロナとレアル・マドリードはリーガ・エスパニョーラを常に争ってきたライバルだが、近年はバルセロナが国内で優位な立場にある。レアルはチャンピオンズリーグこそ昨季まで3連覇していたが、国内ではバルセロナにリードを許してきた。今季も圧倒的な差をつけられてしまい、チャンピオンズリーグの成績だけではサポーターも満足できないだろう。

スペイン『as』もリーグ制覇の回数が少ないことを問題視している。クラブにフロレンティーノ・ペレス会長が復帰した2009年以降、レアルがリーグを制したのは2011-12シーズンと2016-17シーズンの2回のみ。その間バルセロナは7度もリーグを制している。

ペレス会長が復帰してから補強に費やした金額は9億2950万ユーロにもなるようで、47選手の新加入と7人の監督交代があった。今回のジネディーヌ・ジダン復帰も含めれば8回だ。チャンピオンズリーグを4度制しているのは見事だが、やはり国内の成績は寂しいものがある。バルセロナとのライバル対決では負けていると言っていい。

復帰したジダンも来季はリーガのタイトルを狙っていくと明言している。これ以上バルセロナに国内を支配されるのは白い巨人・レアルのプライドが許さないだろう。来季は意地でも頂点に立たなければならない。

そのためには今夏の大型補強が必要となるはずで、再びクラブは大金を費やすことになる。来季こそバルセロナから王座を奪い返せるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ