C・ロナウドも超える得点数! レアルに”新センターフォワード”は必要ないか

レアルのベンゼマ photo/Getty Images

ロペテギの発言通りに

昨年9月、レアル・マドリードの指揮官を務めていたフレン・ロペテギはFWカリム・ベンゼマがシーズンに30~40得点は決められると口にしていた。その発言を本気で信じた者は少なかったはずだが、ベンゼマは21日のアスレティック・ビルバオ戦でハットトリックを記録。これで今季全てのコンペティションを合わせた得点数は30点に達した。ロペテギの発言は合っていたのだ。

今季のチーム状況は残念だが、英『Evening Standard』はベンゼマが務めるセンターフォワードは改革の必要がないポジションだと主張。9番として頼もしいパフォーマンスを見せるベンゼマのことを絶賛している。

今夏にレアルが積極的な補強に動くのは間違いないが、スター選手を次々と獲得するのは難しい。改革が必要なポジションから実力者を補強していくはずで、ベンゼマが今の活躍を来季も続けてくれるならばセンターフォワードの補強は後回しにできる。

ベンゼマが格下相手に得点を量産しているとの意見もあるが、今季のベンゼマが信頼できる得点源になっているのは間違いない。レアルでのシーズンベストは2011-12シーズンに記録した32得点で、今季はあと2点でその数字に並ぶ。試合数に差はあるものの、昨季まで相棒だったユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドも今季は26得点に留まっており、ベンゼマの貢献度は評価されるべきだ。

来季もベンゼマを信用し、今夏はチャンスメイカーの補強に絞って動くのもいいかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ