“メッシ時代”終焉後のバルサを誰が引っ張る? 期待される5人の実力者

バルセロナのメッシ photo/Getty Images

クラブ会長が期待

ここ約10年ほどのバルセロナを引っ張ってきたのは間違いなくリオネル・メッシで、「メッシ時代」と名付けてもいいだろう。しかしメッシも31歳で、6月には32歳を迎える。まだまだバルセロナでのプレイを続けるだろうが、それでもメッシ時代は確実に終焉へと近づいている。バルセロナもそろそろ次の時代への準備を進める段階にきているのだ。

もちろんメッシの代役を見つけるのは不可能だ。レアル・マドリードがクリスティアーノ・ロナウドの穴埋めに苦戦しているが、メッシとロナウドの穴を1人の選手で埋めるのはまず不可能だ。チーム全体でカバーしつつ、新たな攻撃の形を見つけていかなければならない。バルセロナもメッシが抜ければ苦戦するだろう。

米『ESPN』によると、クラブのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長もメッシ時代の終わりがくることを理解しており、近年獲得してきた若い選手たちにチームを引っ張ってほしいと期待をかけている。名指しされたのはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、DFクレマン・ラングレ、MFアルトゥール・メロ、今夏合流予定のMFフレンキー・デ・ヨング、そしてFWウスマン・デンベレだ。

「恐らく3~5年後にはメッシもフットボールをやめると言うだろう。我々はクラブとして将来への準備をしている。我々はまだまだトップクラブでいたいからね。我々は若い選手に投資しているし、マシアからは自国の選手も出てくる。他クラブからも選手を獲得している。素晴らしいレベルを維持するためにね。若い選手たちには非常に才能があると思う。ラングレ、デンベレ、メロ、デ・ヨング、テア・シュテーゲン。彼らはまだ若い。多くの選手がメッシ時代の後もプレイを続けるだろう」

この5選手が中心となり、2、3選手の補強でメッシの穴を埋めていく形が理想だろう。哲学を崩すことなく次の時代へ繋いでいくのが今後のバルセロナに求められる仕事だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ