浦和を救った森脇良太 “驚くべき記録”の持ち主だった[映像アリ]

勝負強さを発揮した森脇 photo/Getty Images

FC東京戦で劇的同点弾

2013年より浦和レッズでプレイしているDF森脇良太。30日に行われたJ1リーグ第5節(FC東京戦)の後半アディショナルタイムにチームを救う同点ゴールを挙げてみせたが、驚くべき記録を持っていた。

森脇は浦和レッズに加入して以降のJ1リーグで10得点を挙げているが、同選手がゴールを決めた10試合で9勝1分けと同クラブは負けなし。10得点のうちタイスコアもしくは1点ビハインド時に挙げたものが計6つと、勝敗の行方を大きく左右するゴールが多いのも特長だ。

FC東京戦で今季のJ1リーグ初の4バックを採用した浦和において、右サイドバックを務めた森脇。先述の同点ゴールの場面も然ることながら、後半25分には敵陣ペナルティエリア内のFW興梠慎三へ惜しいクロスを供給するなど、チームの攻撃を活性化させていた。この“ゴール時無敗男”の更なる活躍に期待したいところだ。


参照元:youtube


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ