ラッシュフォードよりも速い!? 高さ、強さ、速さが揃う”マンU最速”の男

マンUのルカク photo/Getty Images

スタッツが示す脅威

マンチェスター・ユナイテッドにはアントニー・マルシャル、マーカス・ラッシュフォードとスピード豊かな若手アタッカーが揃っており、彼らのスピードは脅威だ。

しかし、マンUで1番速いのはこの2人ではない。英『Daily Mail』によると、マンU最速の男はFWロメル・ルカクだ。大型FWながらルカクはスピードに自信を持つ選手だが、ラッシュフォードをも超えるスピードスターなのだ。

ラッシュフォードは今季のリーグ戦では、カーディフ戦で34.52kmのスピードを記録しており、これがラッシュフォードの中では今季最速のスプリントとなっている。

一方でルカクはウォルバーハンプトン戦で34.76km、ワトフォード戦ではそれをも超える34.89kmのトップスピードを記録している。このワトフォード戦の数字が今季マンUの中では最速の数字だ。

ちなみにルカクが残したこの2つの記録に続き、若きサイドバックのジオゴ・ダロトがハダースフィールドタウン戦で34.69kmのスピードを記録している。この数字はラッシュフォードを超え、チーム3位だ。ダロトの将来にも期待が持てるだろう。

ルカクにスピードが備わっているのは特別なことで、あの大きな体でこれほどのスピードを出されるとDFは苦しい。高く、強く、速い。この三拍子が揃っているのは脅威だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ