世界最高クラスのGK復活! 23戦12失点と鉄壁を誇る37歳のレジェンド

FCポルトのカシージャス photo/Getty Images

ポルトガルに行っても忘れるな

欧州五大リーグを離れたからと見逃している人もいるだろう。長くレアル・マドリードの守護神を務めたGKイケル・カシージャスに再び注目が集まっている。

カシージャスといえばレアルの魂とも呼べる存在で、長くゴールを守ってきた世界トップレベルのGKだ。しかしレアルでの状況が変わったこともあり、やや残念な形で退団。2015年からは活躍の場をポルトガルの名門FCポルトに移していた。

ポルトはチャンピオンズリーグにも出てくる名門だが、やはりレアルに比べれば注目度は大きく落ちる。しかも続々と若い優秀なGKが出てきたこともあり、最近ではカシージャスを世界TOP10のGKに推す声は少なくなっている。カシージャスのことを忘れかけていたサッカーファンもいるかもしれないが、今季は再び評価を高めている。

現在ポルトはリーグ戦23試合を戦って勝ち点57を稼いで首位に立っている。2位には勝ち点56でライバルのベンフィカが追いかけてきており、今季も優勝争いは熱い。何より注目したいのはポルトの失点数だ。ここまでポルトは失点を僅か12に抑えており、これはダントツでリーグ最少の数字だ。カシージャスはここまで全試合にフル出場しており、1試合平均失点率は0・52点と驚異的な数字を残している。

他のGKと比較しても、リヴァプールGKアリソン・ベッカーは27試合15失点で0・55点、同じくベテランGKのジャンルイジ・ブッフォンはパリ・サンジェルマンで1試合平均0・5失点となっている。もちろんポルトは国内で圧倒的な強さを誇っているため、プレミアリーグで戦うアリソンらと比較するのは難しい。しかし、カシージャスが奮闘していることはこの数字から分かるはずだ。

伊『Calciomercato』は「カシージャスが欧州で最も破りにくいGKの1人であることはスタッツが証明している」と伝えており、カシージャスはポルトで復活を遂げている。

ポルトの場合は得点数が47得点に留まっており、一方のベンフィカは64得点と破壊力がある。ポルトがこのまま首位を守るにはカシージャスを中心とした堅守が不可欠で、今のペースをシーズン終盤まで維持できれば再び世界のTOP10入りも見えてくるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ