FC東京に加わったジャエル 前所属グレミオで“ハンパない決定率” 

ポストプレイに定評があるジャエル。Jリーグでの活躍に期待したいところだ photo/Getty Images

攻撃力アップに貢献できるか

今月19日にブラジルのグレミオからFC東京への完全移籍が発表されたFWジャエル。Jリーグでの活躍が期待されている同選手だが、前所属先で驚異的なスタッツを叩き出していた。

スポーツデータサイト『Sofa Score』の統計によると、ジャエルは昨年のブラジル・セリエAで計20本のシュートを放ち、このうち6本をゴールに結びつけている。当該シーズンのゴール数を全シュート数で割って算出する決定率(Goal Conversion)は30%となるが、これは昨年の同リーグで20本以上シュートを放った全20クラブのフィールドプレイヤーのなかで、最良のパーセンテージだ。

決定機さえ訪れればそれを確実にモノにできるだけの力を有するジャエルだが、昨年のJ1リーグ上位10クラブのなかで最も少ない得点数(39ゴール)に留まったFC東京の攻撃に、どのような変化をもたらせるかに注目が集まる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ