サッリ、リーグ杯次第では解任も 後任候補に挙がった2人のレジェンド

去就が騒がしくなってきたサッリ監督 photo/Getty Images

No.1ターゲットはジダン氏?

チェルシーは次の監督候補として、2人のレジェンドをリストアップしているようだ。

昨夏にナポリからイタリア屈指の戦術家であるマウリツィオ・サッリ監督を招へいしたチェルシー。これまでの守備的なサッカーから一転して、攻撃的なポゼッションサッカーを取り入れ、見事スタートダッシュを決めた。ただ、第12節まで無敗をキープ(8勝4分)した同クラブだが、第13節のトッテナム戦で今季初黒星を喫すると、調子が徐々に低下。序盤戦で輝きを放っていたチームの心臓ジョルジーニョを押さえ込まれ、苦戦を押しいられる試合も多々あり、第26節終了した時点で15勝5分6敗。年が明けてからは特に、マンチェスター・シティに0-6の大敗を喫するなど2勝1分3敗と、勝ち点を「50」までしか伸ばすことができずに6位まで転落し、優勝争いどころかチャンピオンズリーグの出場権獲得まで危ぶまれている。

こういった状況もあり、早くもサッリ監督の周辺が騒がしくなってきた。24日に行われるマンCとのリーグ杯決勝の結果次第では、解任される可能性があると報じるメディアもいくつかある。そんな中、英紙『THE Sun』など複数の英メディアがサッリ監督の後任候補を取り上げている。同紙によると、No.1ターゲットは、レアル・マドリードで前人未到の欧州3連覇を成し遂げたサッカー界のレジェンドで、現在フリーとなっているジネディーヌ・ジダン氏だ。同氏もチェルシーを率いること自体はまんざらでもないようで、クラブと考えや条件などが一致するかが今後の鍵となるようだ。

また、クラブのレジェンドで、現在ダービー・カウンティの指揮官を務めるあるフランク・ランパード氏も後任候補の最終リストに追加されたとのこと。多くのファンが同氏の帰還を望んでいるだろうが、現在の職を降りなければならないなどハードルは高そうだ。サッリ監督のアシスタントコーチを務めるジャンフランコ・ゾラ氏の昇格の可能性も有力視されているが、はたしてチェルシーは指揮官を交代することになってしまうのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ