[移籍]伊東純也の新天地はベルギーに! 柏が公式発表

アジアカップ2019にも出場した伊東 photo/Getty Images

ヘンクへの移籍が決定

J2リーグに所属する柏レイソルは2日、FW伊東純也がベルギー1部リーグのKRCヘンクにローン移籍することを発表した。なお、ヘンク側も公式ホームページにて同選手の加入を公表。契約期間は1年半で、完全移籍にむけた買い取りオプション付きであることが伝えられた。

同選手は柏レイソルの公式ホームページを通じ、関係者に向けて挨拶を行っている。

「柏レイソルに来て3年間、色々な経験をさせてもらいました。成長できたことも、サッカーをもっと好きになれたのもすべて柏レイソルのおかげでした。しかし、今以上にうまくなりたい、そしてチャレンジしたいという気持ちにさせてくれたのも柏レイソルでした。自分のサッカーがどこまで通用するのか、もっと成長できるのかを考えた末に移籍を決断しました。移籍を後押ししてくれたクラブ関係者、家族、そしてどんな時も熱い声援を送ってくれたファン・サポーターの皆様。本当に感謝しています。これからも皆様に活躍している姿を応援してもらえるよう頑張ってきます。僕もベルギーから柏レイソルの活躍を応援しています。本当にありがとうございました」

神奈川大学やヴァンフォーレ甲府でのプレイを経て、2016年に柏レイソルに加わった伊東。持ち前の縦方向への鋭いドリブルで同クラブのサイド攻撃に厚みを加え、柏の選手として出場した公式戦124試合で22得点32アシストと躍動した。日本代表としてアジアカップ2019にも出場した同選手だが、新天地ベルギーで更なる成長を遂げることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ