怪我でベンチ続きの鬱憤爆発! 大迫「不甲斐ない気持ちが強かったので……」

ゴールを挙げ、ガッツポーズを決める大迫 photo/Getty Images

イランとの大一番で2ゴール

日本代表は28日、アジアカップの準決勝でイラン代表と対戦し、3-0の快勝を収めた。この結果、日本は見事決勝進出を果たし、2大会ぶりの優勝へ王手をかけている

この一戦で、グループステージ初戦以来のスターティングメンバーに名を連ねた大迫。怪我で出られなかったこれまでの鬱憤を晴らすかのように、ヘディングとPKで2ゴールを挙げる活躍を披露し、日本を勝利へと導いた。エースとして森保一監督の期待に応えて見せた大迫は試合後、インタビューに応じると、イラン戦を「グループリーグ、トーナメントと、怪我で出場できない時間が続いていたので、チームのために点を取ろうと思っていた。点を取ることができてよかった。自分としては不甲斐ない気持ちが強かったので、今日このピッチの中でプレイで示そうと思っていた」と振り返った。

さらに「この大一番で、このアジア杯一番の出来の試合ができたので、自信にもなった。ただ、今日で終わったわけじゃないので、しっかり切り替えてまた次の試合に臨みたい」と述べつつ、決勝への想いを「もう勝つしかないんで、結果だけ。勝つだけです! W杯が終わって若い選手たちも入ってきた中で、このアジア杯が獲れれば、若い選手にとって自信になるし、さらに強い日本代表にもなれると思うので、次に勝つか、負けるかはすごく大きい」と明かしている。

大迫は決勝でも、自らのゴールで日本を勝利へと導くことができるのか。大迫のさらなる活躍に期待だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ