ドルトムントの勢いが止まらない! 優勝時とほぼ同じペースで勝ち点量産中

決勝ゴールを挙げ、チームに勝利をもたらしたヴィツェル photo/Getty Images

第18節終了時点で1敗をキープ

MF香川真司が所属するドルトムントの勢いが止まらない。ブンデスリーガ優勝を成し遂げた2010-11シーズンとほぼ同じペースで勝ち点を積み上げている。

19日に行われたブンデスリーガ第18節で、RBライプツィヒの本拠地へ乗り込んだドルトムント。絶好調なマルコ・ロイスが負傷欠場したが、19分にベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが先制に成功すると、最後まできっちりこの1点を守りきり、1-0で勝ち点「3」をもぎ取った。

この結果、ドルトムントは勝ち点を「45」までのばし(14勝3分1敗)、2位バイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差「6」のまま首位をキープしている。データサイト『opta』によると、第18節終了時点での成績では、15勝1分2敗で勝ち点「46」に到達した2010-11シーズンに次ぐ好記録だという。なお、連覇を成し遂げた2011-12シーズンは、11勝4分3敗の勝ち点「37」だった。

この勢いをキープし、ドルトムントは今季7シーズンぶりの優勝を成し遂げることができるのか。ついにバイエルンの連覇をストップする時が来たかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ