リーダーとしての真価が問われる2年目!?  浦和、柏木の主将続投を発表

新シーズンも主将に任命された柏木 photo/Getty Images

10番とキャプテンマーク

浦和レッズは17日、2019シーズンのチームキャプテンにMF柏木陽介が就任したと発表した。なお、副キャプテンはFW興梠慎三とDF槙野智章が務める。

現在31歳の柏木は、2010シーズンにサンフレッチェ広島から浦和へ移籍。加入初年度から主力として活躍し、正確なキックや豊富な運動量でチームを支えてきた。2016シーズンからエースナンバーである背番号「10」を身につけており、2017シーズンにはチームの心臓としてアジア制覇にも貢献している。さらに加入9年目の昨季は、MF阿部勇樹から引き継ぎチームのキャプテンに就任し、天皇杯では12大会ぶり優勝へ導いていた。

また、浦和の公式サイトによると、同日行われた会見で指揮官のオズワルド・オリヴェイラ監督が「おそらく最大で5つのタイトルを争うことになるが、どれも非常に重要な大会。その中でも重要性の高いと思えるところが目標になる。真剣にリーグとACLを獲りにいきたいと思う」と目標を掲げていた。新シーズンもキャプテンを続投することが決まった柏木は、1つでも多くのタイトルをチームにもたらすことができるのか。キャプテン2年目ということもあり、浦和のリーダーとしての真価が問われるシーズンになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ