仙台、渡邉体制を来季も続投! 天皇杯準優勝の悔しさを胸に「挑戦」

仙台の指揮を執る渡邉晋監督 photo/Getty Images

6年目のシーズンへ

ベガルタ仙台は10日、渡邉晋監督と協議の末、2019シーズンも指揮官を続投することが決まったと発表した。

現在45歳の渡邉監督は、現役時代にも過ごした仙台のコーチなどを経て、2014年4月にトップチームの指揮官に就任。シーズン半ばの就任ではあったが、降格圏内に低迷していたチームを見事残留へ導いた。そして就任5年目となる今季は、惜しくも優勝を逃してしまったが、天皇杯でクラブ史上初となる決勝進出を決めていた。

6年目のシーズンを迎えることとなった渡邉監督はクラブの公式サイトを通じて「2018シーズンも多くのご支援、ご声援をいただき、ありがとうございました。そして、来シーズンもチームを指揮するチャンスをいただいたことに心から感謝を申しあげます。今は選手とチームの確かな「成長」、同時に乗り越えなければならない「壁」を感じています。天皇杯準優勝の悔しさを胸に、その大きく分厚い壁に「挑戦」する覚悟です。ともに熱く戦いましょう。2019 Shine Together!」と新シーズンの飛躍を誓った。

また、代表取締役社長を務める西川善久氏も「今シーズンのトップチームは、明治安田生命J1リーグを11位で終えましたが、終盤までトップ5を目標に上位で戦い続け、また天皇杯ではクラブ史上初の準優勝を果たすなど、チームは着実に進化を遂げました。クラブは、渡邉監督のこうした手腕を高く評価、創立25周年を迎える来シーズンも引き続きチームを託し、さらなる高みを目指すことといたしました」と期待をあらわにしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ