バイエルンDFを出し抜いた! 大迫のヘディング弾を独メディア称賛[映像アリ]

バイエルン相手にゴールを挙げた大迫 photo/Getty Images

今季のリーグ戦3得点目

現地時間1日にブンデスリーガの第13節が行われ、大迫勇也が所属するブレーメンがバイエルン・ミュンヘンに1-2で敗れた。

[4-1-4-1]の布陣の左サイドハーフで先発した大迫は、積極的に敵陣ペナルティエリアに侵入してフィニッシュワークに関与。ブレーメンが0-1とリードされて迎えた33分には、FWマックス・クルーゼからの浮き球クロスにヘディングで反応し、同点ゴールを挙げた。ドイツ屈指の強豪バイエルン・ミュンヘンを相手に得点を挙げた大迫の活躍に、独『RTL』が反応。「ジェローム・ボアテングより10インチも背が低い日本人プレイヤーが、彼(ボアテング)を不愉快な気分にさせた」と、ドイツ代表DFのマークを掻い潜った大迫のプレイぶりを称えている。

ボールの落下地点をいち早く察知し、持ち前のヘディングで今季のリーグ戦3得点目を挙げた大迫。引き続き敵陣ゴール前でプレイする時間を増やし、次戦以降にチームを勝利に導くゴールを挙げることができるだろうか。




参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ