ローマ史上最高額FWが結果出せない 「4000万ユーロほどの能力はない」

ローマのパトリック・シック photo/Getty Images

加入から僅か4得点

24日のウディネーゼ戦に続き、ローマは27日のチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節レアル・マドリード戦でも得点を奪えず0-2で敗れてしまった。サポーターも得点力には疑問を抱えていることだろうが、問題視されているのは22歳のFWパトリック・シックだ。

チェコサッカー界の期待を背負う大型FWのシックは、昨夏にサンプドリアからローマに加入。今年の3月に完全移籍となり、ローマはシックの獲得に4200万ユーロを費やしている。これはクラブレコードだ。しかし、ローマの前線で話題になるのはエディン・ジェコの方で、シックはあまり話題に挙がってこない。それもそのはず、シックはローマに来てから僅か4点しか奪っていないのだ。

伊『Calciomercato』によると、この苦戦ぶりに元ローマ指揮官ズネデク・ゼーマンは、移籍金が高すぎると主張している。シックにそれほどの価値はないとの意見だ。

「シックの問題は約4000万ユーロものコストにある。彼がチェコ代表としてプラハで戦っている姿を2度見たが、彼は非常に良かった。多くの能力を抱えている。しかし、4000万ユーロほどの能力ではない。ファンはいつだって彼に多くを期待する。なぜなら彼はローマの歴史上最も高価な買い物だからだ」

ローマはシックの価値を見誤ってしまったのだろうか。まだ22歳と若いため、ここから伸びる可能性は十分にある。しかし移籍金の高さから選手が過度なプレッシャーを感じてしまうケースも少なくない。まだシックにとってローマは居心地のいい環境にはなっていないのだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ