アセンシオよ、22歳ならレアルを引っ張れ! カシージャス、ラウールへ続け

レアルのマルコ・アセンシオ photo/Getty Images

リーダーになるとの自覚を

今の若者らしいところなのだろうか。先日レアル・マドリードMFマルコ・アセンシオは、まだ自分はチームを引っ張る立場にはないと遠慮がちな見解を示していた。他に経験豊富な選手がいるため、まだ自分はリーダーになるタイミングではないとの考えなのだろう。

チームにはカリム・ベンゼマやガレス・ベイル、セルヒオ・ラモス、ルカ・モドリッチなど経験豊富な選手が揃っている。確かに22歳のアセンシオが引っ張るには若すぎるのかもしれない。しかしスペイン『MARCA』は、22歳ならレアルを引っ張ってやるとの自覚を持つべきとの主張をしている。

なぜなら、これまでにも20代前半からチームを引っ張ってきたレジェンドたちがいるからだ。例えばチームメイトのセルヒオ・ラモスとマルセロは19歳でレアルに加入し、アセンシオと同じ22歳になった時にはラモスが175試合、マルセロが165試合を戦っている。若い頃より2人は強烈な個性を放ってきたのだ。

他にもGKイケル・カシージャスは19歳からレアルのゴールを守り、その年にはチャンピオンズリーグ決勝の舞台にも立っている。そこからも常に最後方からチームを支え、リーダーの素質は十分だった。

FWラウール・ゴンザレスに至っては17歳でデビューを果たし、23歳になるころには284試合に出場して131の得点を決めていた。ラウールやカシージャスと比較されるのは可哀想だが、アセンシオにはそれくらいの選手になってほしいと期待がかかっているのだ。

周りには経験豊富な選手がたくさんいるが、アセンシオには自分がレアルを引っ張ってやるとの意気込みが求められているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ