引退発表の川口能活へ感謝の言葉続々「プロがどうあるべきか教えてくれた」

今季限りで現役引退を発表した川口 photo/Getty Images

石川氏や長友まで

J3のSC相模原に所属する元日本代表GK川口能活が4日、今季限りで現役を引退すると発表した。現役選手から引退した選手など、多くの方々が感謝の言葉や賛辞を贈っている。

現在解説者として活躍する中西哲生氏は、自身のTwitterを通じて「プロサッカー選手がどうあるべきか教えてくれました。川口能活選手との出会いがなければ、今の自分は絶対にない。長い間本当にお疲れさまでした」とコメント。横浜F・マリノス時代に川口とともにプレイした後輩の石川直宏氏も「能活さん引退か。F・マリノス時代には公私ともにお世話になりました。プロとして、日本代表としてピッチに立つということがどういうことかを姿と言葉で直接伝えてくれた選手でした。長い現役生活お疲れ様でした。また会える日を楽しみにしています」と綴っている。

また、現在ガラタサライで活躍する長友佑都もこれに反応。「川口能活さん引退。W杯4大会連続出場。記憶に刻まれたプレイの数々。これまでもこれからもファンの1人として応援します」と日本代表の偉大なる先輩へメッセージを送った。他にも波戸康広氏(元横浜FM)が「能活くんが現役引退ですね!あなたと一緒にピッチでプレイできた時間最高でした。長い間本当にお疲れ様でした」などと労いの言葉を述べている。

またひとり日本サッカー界を長く支えてきたレジェンドがスパイクを脱ぐこととなった。ひとまずお疲れ様でした。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ