なぜトーレスを主将に? 鳥栖指揮官「最初は『僕じゃない』と言ったが……」

今夏に鳥栖へ加入したトーレス。長崎戦でキャプテンマークを託されることに photo/Getty Images

「彼に任せて問題ないなと思った」

サガン鳥栖は4日、明治安田生命J1リーグ第31節でV・ファーレン長崎と対戦し、1-0で勝利を収めている。この結果、暫定ではあるものの15位へ順位を押し上げ、J2降格プレイオフ圏内からの脱出に成功した。

この試合でキャプテンマークを託された元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス。90分ものあいだチームを牽引し、見事勝利をへ導いた。試合後、インタビューに応じた鳥栖の金明輝監督は、トーレスをキャプテンに任命した理由について「控えめな性格の彼なので、最初にそういう話をしたときは『いや、僕じゃない』ということもおっしゃっていたんですけど……」と裏話を明かしつつ「チームとして前線が少しケガ人が多かったりトラブルがある中で、彼にチームを引っ張ってほしいというのと、普段の彼の振る舞いなどを見ているときに、すごくチームをリスペクトしているので、彼に任せて問題ないなと思った」と語った。

さらに、トーレスのこの日のプレイを「そ今日も見て分かる通り、いつもの2倍くらい走っていたんじゃないかなと思います。すごく効果が出たんじゃないかなと思っています」と絶賛している。この調子で鳥栖はJ1残留を決めることができるのか。トーレスの今後のプレイにも注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ